子猫にもオススメできるカナガンキャットフード

動物の専門家である獣医師さんからも推奨されているフードのカナガンキャットフード

 

 

使用する原材料にもかなりこだわっていて、ヒューマングレードのものをメインに使用しています。
※ヒューマングレード(人間用)の食品工場で加工出荷された肉、魚、野菜を使用。ミネラル類、ビタミン類はペットフード用に生産されたものを使用。

 

原材料だけでなく粒の大きさや「動物性原材料」と「野菜&ハーブ類」の配合バランスにまでこだわって作られているので子猫にもオススメのキャットフードです。

 

この記事では具体的にカナガンキャットフードのどんな点が子猫にオススメできるのかを詳しく記載していますので、購入を考えている方は参考にしてみて下さい。

 

カナガンキャットフードは安全性が信頼できるフード

カナガンキャットフードは原材料にものすごくこだわって作られているフードなんです。

 

 

使用している原材料はヒューマングレードの物を使用し、猫にとって消化しにくい原材料である穀物類は一切使用せずグレインフリーのキャットフードになっています。
※ヒューマングレード(人間用)の食品工場で加工出荷された肉、魚、野菜を使用。ミネラル類、ビタミン類はペットフード用に生産されたものを使用。

 

安価で販売されている多くのペットフードは価格を安く抑えるために、小麦や大麦、トウモロコシ等の猫にとって消化しにくい穀物を平気で使用していますが、カナガンキャットフードはフードを食べる猫ちゃんの健康を第一に考えこれらの穀物類は使用せずに生産されているんですね。

 

猫にとって穀物類はアレルギーを引き起こしやすいとも考えられているので、グレインフリーのフードはアレルギーに配慮したキャットフードといえます。

 

タンパク質が豊富で子猫にオススメ

子猫にオススメできる理由は安全性の高さだけではありません。

 

カナガンキャットフードは市販されている子猫専用のキャットフードと比べてみるとタンパク質が豊富に含まれており、子猫が成長していくために必要な栄養素を十分に満たしています。

 

 

カルシウムやリンといった成分も、子猫にとって最適のバランスで配合されているんですね。

 

カナガンキャットフードは全ライフステージ対応のキャットフードですが、子猫のうちから与えてあげると良いですね^^

 

カナガンキャットフードの給餌量

カナガンキャットフードは全年齢対象のフードなので成猫の場合と、子猫の場合で与える量の目安が分かれています。

 

成猫の場合

体重 1日の給餌量
2.5kg以下 25〜35g
2.5〜3.5kg 35〜45g
3.5〜4.5kg 45〜60g
4.5kg以上 60g〜

 

子猫の場合

年齢 1日の給餌量
生後2ヶ月以下 20〜30g
2ヶ月〜4ヶ月 30〜55g
4ヶ月〜6ヶ月 55〜75g
6ヶ月〜12ヶ月 75g〜

 

飼っている猫ちゃんの年齢に合わせて表を参考に与えてみて下さい。

 

ちなみにこの給餌量はあくまで目安であり、絶対にこの量でないといけないという事ではないので、愛猫の体型や活動量に合わせて量を調整してみてくださいね。

 

猫を飼っている方ならわかると思いますが、1匹1匹それぞれに性格があって1日中あまり動かず寝ているのが好きな子もいれば、常に走り回っているような落ち着きのない子もいます。

 

同じ年齢や同じ体重でも1日に消費するカロリーはそれぞれ違うので、愛猫にとって最適な給餌量を飼い主であるあなたが見つけてあげて下さいね^^

 

この記事の他にもカナガンキャットフードについて書いています。

 

カナガンキャットフードの給餌量と対象年齢。子猫に与えてもいいの?

 

画像で解説!カナガンキャットフードの解約方法をわかりやすく説明

 

原材料だけじゃなかった!カナガンキャットフードの安全性へのこだわり

TOPへ