平飼いチキンとはどんなチキンなのか?

穀物完全不使用のレシピを採用しグレインフリーで、イギリス産高級平飼いチキンやサツマイモ、クランベリーや海藻と原材料にこだわって作られているカナガンキャットフード

 

 

原材料はヒューマングレードの物を使用し、生産工場での品質管理も徹底して作られているキャットフードです。

 

※ヒューマングレード(人間用)の食品工場で加工出荷された肉、魚、野菜を使用。ミネラル類、ビタミン類はペットフード用に生産されたものを使用。

 

カナガンキャットフードの原材料について少し気になったのが、平飼いチキンとはどんなチキンなのでしょうか?

 

高級チキンならイメージがつきますが、平飼いチキンは私は今まで聞いたことがなかったのでパッとイメージできませんでした。

 

そこでこの記事では私と同じような「平飼いチキンって何?」という方のために調べてまとめてみる事にしました。

 

カナガンキャットフードに使用されている平飼いチキンってどんなチキン?

 

 

平飼いというのは読んで字のごとく「平らに飼う」という意味で、鶏を地面に放して自由に動き回ることができる環境で飼育する方法です。

 

日本で一般的な飼育方法はケージの中に鶏を入れて、そのケージを何段も積み上げて飼育する方法だと思いますが、それとは真逆といった感じでしょうか。

 

ケージ飼いとは違って平飼いの場合は、飼育されている鶏が本来の習性に合った行動をすることができます。

 

足で地面をかき回してみたり、土をほじってエサがないかを探したり、天気が良い日には日の当たる場所に歩いていき日向ぼっこをしたりと自由に行動できます。

 

ケージの中にいてはこのように自由に行動することはできません。

 

そのため平飼い飼育は鶏にとってストレスがすくなく病気に強く健康的に育つと言われています。

 

今回調べてみるまで平飼いという飼育方法は全く知りませんでしたが、飼育される側なら絶対にケージ飼いよりも平飼いの方を選びますね(笑)

 

カナガンキャットフードはそんな平飼いチキンを原材料に使用して生産されているんですね^^

 

チキンは消化にも良く栄養豊富なので、本来完全な肉食動物である猫にとって相性の良い食材ですし、現在キャットフードには様々なお肉やお魚が原材料として使用されていますが、「鶏肉」「牛肉」「魚」の中では「鶏肉」が一番アレルギーリスクが低いとも考えられているそうです。

 

カナガンキャットフードは穀物不使用のグレインフリー

カナガンキャットフードは穀物完全不使用のレシピを採用し、グレインフリーのキャットフードです。

 

猫にとってトウモロコシや大麦、小麦などの穀物は消化器官の異常や、皮膚のトラブル等のアレルギーを引き起こしやすいと考えられているのでカナガンキャットフードでは穀物を使用していません。

 

 

先ほども触れましたが、猫は完全な肉食動物であり、唾液の中に「アミラーゼ」を含んでいません。

 

アミラーゼというのは、草食動物や雑食動物(人間や犬など。)が持つ特殊な酵素であり、でんぷん質の炭水化物が胃に到達する前に分解する働きをします。

 

しかし猫ちゃんは唾液の中に「アミラーゼ」を含んでいなので炭水化物の消化がとても苦手なんですね。

 

それにもかかわらず安価のキャットフードでは、トウモロコシや大麦、小麦などの穀物類が平気で使用されているものがあるのが現状です。

 

カナガンキャットフードの原材料についてもっと詳しく知りたい方はこちら↓

 

 

 

平飼いとは日本で一般的なケージ飼いとは違い、鶏を地面に放して本来の習性通りに自由に行動できる環境で飼育する事でした。

 

平飼いで飼育された鶏はストレスが少なく、健康的で病気に強く育つと考えられているそうですね。

 

今回平飼いについて調べてみて、また一つカナガンキャットフードの原材料へのこだわりが理解できたような気がします。

 

この記事の他にもカナガンキャットフードについて記事を書いていますのでよかったら読んでみて下さい。

 

カナガンキャットフードの評判と口コミ。実際に購入した私のレビュー

 

カナガンキャットフードの特徴。一般的なフードと何が違うの?

TOPへ