カナガンキャットフードは太りやすいのか?

原材料はヒューマングレードの物を使用し、穀物完全不使用のレシピを採用してグレインフリーのカナガンキャットフード

 

※ヒューマングレード(人間用)の食品工場で加工出荷された肉、魚、野菜を使用。ミネラル類、ビタミン類はペットフード用に生産されたものを使用。

 

 

皆さんは飼っている猫ちゃんの体型、体重をしっかりチェックしていますか?

 

私たち人間と同じように犬や猫も太る事で様々な病気のリスクが高くなってしまいます。

 

「どのエサを与えるか。」「どのくらいの量与えるか。」これを選べるのは愛猫自身ではなく飼い主である私たちなので、私たちが責任をもってしっかりと健康的な体型を維持していく必要がありますね。

 

カナガンキャットフードはどんなフードなのか?

カナガンキャットフードは原材料にヒューマングレードのものを使用しているというだけではなく、原材料の配合バランスにもこだわって作られています。

 

※ヒューマングレード(人間用)の食品工場で加工出荷された肉、魚、野菜を使用。ミネラル類、ビタミン類はペットフード用に生産されたものを使用。

 

 

専門家の分析をもとに猫ちゃんが本当に求めている栄養素をバランスよく配合しており、タンパク質と炭水化物の比率を適正にし、野菜や植物を加えることでヘルシーで栄養価の高いフードになっているんですね。

 

猫ちゃんの食事に関してカロリーを気にするという方は非常に多いですが、栄養のバランスに関してまで気にしている方は少なく感じます。

 

しかしこの栄養バランスは食事をするうえでとても重要なんですね。

 

例えば500キロカロリー摂取するとして。

  • ケーキや菓子パンで500キロカロリー摂取。
  • 野菜とお肉をバランスよく食べて500キロカロリー摂取。

同じカロリーでも前者の方が太りやすいのはわかりますよね?

 

キャットフードは現在様々な種類がありそれぞれカロリーが違いますが、大きく差があるという事はないので栄養バランスや使用されている原材料にも注目してみて下さい。

 

バランスが良ければどれだけ食べても太らないという事ではないのでもちろんカロリーを気にすることも大切ですが、それと同じくらい栄養のバランスも重要なんですね。

 

カナガンキャットフードの給餌量(給与量)

犬や猫の肥満の原因の多くは、単純にエサの与えすぎが原因と言われています。

 

愛猫が太り気味で、今までエサを与える時に分量を量ったことがないという場合は、過剰に与えている可能性が高いので一度しっかりと給餌量の確認をしましょう。

 

 

カナガンキャットフードや多くのペットフードには、パッケージに給餌量(給与量)がしっかりと記載されています。

 

別の容器に移して保管しているのでパッケージがないという方は、公式サイトを調べるとほとんどの場合記載されていますのでそちらをチェックしてみて下さい。

 

カナガンキャットフードの給与量

 

成猫の場合

体重(kg) 1日の給与量(g)
2.5kg以下 25〜35
2.5〜3.5kg 35〜45
3.5〜4.5kg 45〜60
4.5kg以上 60〜

 

子猫の場合

年齢 1日の給与量(g)
2ヶ月以下 20〜30
2〜4ヶ月 30〜55
4〜6ヶ月 55〜75
6〜12カ月 75〜

 

こちらがカナガンキャットフードの給与量です。

 

愛猫が太り気味という方は目安の量よりも多く与えていませんか?

 

おやつを与える場合はフードの量を少し減らすなどの調節が必要です。

 

現在愛猫が肥満気味で体重を落としたいという方は、標準体重になるまで目安の給餌量から10%ほど量を減らして与えましょう。

 

※過剰に量を減らしてしまうと1日に必要な栄養を摂取できなくなってしまうので、減らす量は10%ほどにしてください。

 

猫ちゃんの年齢や活動量によって1日の消費カロリーや代謝に差はありますが、適正の給餌量を守っていればほとんどの場合標準体重を維持できると思います。

 

カナガンキャットフードの関連記事はこちら↓

 

カナガンキャットフードの評判と口コミ。実際に購入した私のレビュー

 

カナガンキャットフードの特徴。一般的なフードと何が違うの?

 

カナガンキャットフードの給餌量と対象年齢。子猫に与えてもいいの?

TOPへ