カナガンキャットフードの評判と口コミ。私のレビュー

穀物不使用のグレインフリーで、動物の専門家である獣医さんからも高評価されるカナガンキャットフード

 

 

ネット通販で購入できる高品質のキャットフードということで、飼い主さんたちからも高い評価を得ています。

 

実際に評判口コミを調べてみると

  • 以前よりも毛艶が良くなった
  • 食いつきが良くバクバク食べてくれる

このような評判が非常に多く見つかるのですが、良い口コミだけが記載されたサイトを見るとステマを疑ってしまうのはわたしだけでしょうか?

 

そこでこの記事では良い口コミだけでなく悪い口コミ(悪評など)も調べて記載し、さらに実際に私がカナガンキャットフードを購入したレビューも詳しく記載した記事になっています。

 

 

カナガンキャットフードの悪い口コミ、良い口コミ

 

2匹の猫ちゃんを飼っていますが、どちらも食べてくれませんでした。

 

普段は薄味のキャットフードを食べているので、においの強いカナガンキャットフードは合わなかったみたいです。
2匹ともにおいを嗅ぎには来るのですがなかなか食べてくれない。

 

原材料は良いものを使っているようですが、結局食べてくれないと意味ないですよね。

 

事前に口コミを調べてみると、食いつきが良いと評判だったのでがっかりです。
食べない物を取っておいてもしょうがないので捨ててしましました。

歳を取ったせいか体調をくずすことも多くなり、ずっと食べていたフードを食べなくなってしまったので何か良いフードはないかと探していました。

 

インターネットでキャットフードについて調べてみると、カナガンキャットフードはものすごく食いつきが良いとのことだったので購入したのですが、開封してみてにおいにびっくり。

 

このにおいで本当に食いつきがいいの!?と思いましたが人間のにおいの好みと猫の好みは違うのかもと思いながらあげてみました。
結果は、初めてあげた時は少量を食べましたがそれ以降は全く食べてくれなくなりました。

 

やはりこのにおいの強さが悪いんじゃないかなと思います。

グレインフリーでアレルギーに気を使っているところや、着色料や香料を使っていない点には好感が持てますが食いつきが良いという点には疑問です。

 

口コミ等では食いつきが良い、嗜好性が高いと言われていますがうちの猫は食べてくれませんでした。

 

もちろん猫にもそれぞれ好みはあるとは思いますが、少しにおいを嗅ぎにきただけでそれから食べてくれる気配はなし。

 

食いつきに関してはネットの評判をみて安心しきっていたのですが、まさか食べてくれないとは・・・

 

品質に関しては納得して購入しているのでこんな結果になって非常に残念です。

 

 

猫の健康面を考えて今まで買っていた安いキャットフードからカナガンキャットフードに切り替えることに。

 

うちには2匹の猫がいて片方が好き嫌いが激しいので、正直な所食べてくれないだろうなと思っていました。

 

念のためいつものフードとカナガンキャットフードを半分ずつ混ぜて与えてみたところ、特に警戒することなく食べきってくれて驚きました。

 

本当に好き嫌いが激しく、今までフード選びにはかなり悩まされていたのでしっかり食べてくれて一安心。

 

現在は以前のフードに混ぜなくても食べてくれるので愛猫の健康面を考えてこれからもカナガンキャットフードを購入します。

いままであげていたフードに少しずつ混ぜていき、5日ほどで完全にカナガンキャットフードに切り替わりました。

 

今では全く警戒することなく食べてくれます。

 

猫の立場で考えてみても、ずっと食べて慣れ親しんだご飯からいきなり全然違う物を出されたら警戒して当たり前なので、なかなか食べてくれないという方は今までのフードに混ぜてあげるのをおすすめしますよ。

愛猫の健康を考えて思い切ってグレインフリーのカナガンキャットフードに変えてみました。

 

初めは食べてくれないかな?と心配していましたが、食いつきも良くてうちの猫は何の問題もなく食べてくれます。

 

こちらのフードに切り替えてしばらくしてから猫を飼っている友人が遊びに来たのですが、猫臭さが全然しないと驚いていました。

 

愛猫にはいつまでも元気でいてほしいので、これからもリピートしていこうと思います。

生後4ヶ月の子猫を迎えることになったので、食いつきが良いと評判のカナガンキャットフードを購入しました。

 

うちには2歳の猫もいるのですが、この子はお魚好みでチキンなどのお肉は苦手な子だったのでカナガンキャットフードは食べないだろうなと思っていましたが、嫌がることなくすんなり食べてくれてびっくり。

 

新しく迎え入れた子猫の方もものすごい食べっぷりです。

うちの猫も9歳になり昔よりも寝ている時間が増えてきました。

 

健康面を考えてグレインフリーで着色料や香料も使用されていないこちらのキャットフードを購入したところ、好みが合っていたのか子猫の時のような食べっぷりで食べてくれます。

 

獣医さんが推薦するキャットフードという所も、飼い主としては安心して与えられるので嬉しいですね。

 

 

キャットフードの切り替え方

カナガンキャットフードの口コミを見てみると、悪い口コミ(悪評)の多くを占めているのが愛猫が食べてくれないという事でした。
愛猫の健康を考えて買ったフードなのに、全く食べてくれないとなると飼い主としてはとても残念な気持ちになってしまいますよね。

 

 

新しいキャットフードに切り替えるときにすんなり食べてくれる猫ちゃんもいれば、中には馴染みのないフードに警戒してしまう猫ちゃんもいます。

 

これは私たち人間で考えてみても今までずっと慣れ親しんだ日本食を食べてきたのに、こちらの方が健康に良いからと全然知らない国の料理にいきなり全てを切り替えられたらとまどってしまいますよね?

 

しかし普段と同じ日本食の食事に、1品だけ入っているならどうでしょうか?これなら嫌な感じはしませんよね。

 

このように新しいキャットフードを警戒して食べてくれない猫ちゃんは、警戒心を解きながら徐々に切り替えていく必要があります。

 

 

警戒心を解きながら徐々に切り替えると聞くと、すごく難しく感じる方もいるかもしれませんが実際にやることはとても簡単です。

 

これは公式サイトにも記載されていますが、今までの食べなれたキャットフードにカナガンキャットフードを少しずつ混ぜて徐々にカナガンキャットフードの量を増やしていきます。

 

徐々にといってもわかりにくいと思いますので実際に分量の例をあげると。

  • 1日目 カナガンキャットフード15% 食べなれたフード85%
  • 2日目 カナガンキャットフード30% 食べなれたフード70%
  • 3日目 カナガンキャットフード40% 食べなれたフード60%
  • 4日目 カナガンキャットフード50% 食べなれたフード50%
  • 5日目 カナガンキャットフード70% 食べなれたフード30%
  • 6日目 カナガンキャットフード90% 食べなれたフード10%
  • 7日目 切り替え完了

あくまでも一例なので猫ちゃんの性格に合わせて調整してみて下さい。
警戒心がかなり強い猫ちゃんの場合最初のうちは、カナガンキャットフードを細かく砕いてふりかけのようにして、現在与えているキャットフードにふりかけて慣れさせるところから始めるのがおすすめです。

 

カナガンキャットフードのレビュー

私は以前からグレインフリーで香料や着色料が使用されていないカナガンキャットフードが気になっていたので実際に購入してみました。

グレインフリーって何?
猫が消化することが苦手な炭水化物を多く含む穀物が使われていないキャットフードという事です。

しっかりと梱包されて届いた箱を開封してみると、フードの切り替え方や給餌量、開封後のフードの保管方法等が記載された冊子が入っていて、その下にお目当てのカナガンキャットフードがありました。

 

内容量は1.5kgなので持ち上げてみるとちょっと重たいですね。

 

 

ちなみにカナガンキャットフードだけでなく缶詰のカナガンチキン&サーモンも一緒に注文しておきました。

 

 

見慣れないキャットフードの袋に興味津々のうちの猫ちゃん。
早くも厳しいチェックが始まったようです!

 

 

それでは実際にフードの中身を確認していきたいと思います。

 

 

粒の大きさはほとんどが1cmから1.2cmほどで、厚みは3mmほどです。
個人的には大きくもなく小さくもなくといった印象を受けましたね。
カナガンキャットフードは子猫からシニア猫まで全ての猫に対応したキャットフードなので、この大きさはどの年齢の猫ちゃんでも食べやすいようにと考えられているそうです。

 

 

匂いについては口コミで多くの方が書かれているように、私も少し強いなと感じました。

 

低評価の口コミでフードが臭いと書かれた口コミがありましたが、この強さなら臭いと感じる方もいると思います。

 

しかし安価なキャットフードでは質の悪い原材料をごまかすためや、嗅覚で食べ物を判断する猫が食いつきやすいようにするために、香料などの添加物をたくさん使って食欲を刺激する良い匂いにしている物がありますが、カナガンキャットフードは香料を使わず無添加のフードなので、これがごまかしていない素材本来の匂いなんですね。

 

フードの切り替えにかかった日数

うちの猫ちゃんは1週間かけてゆっくりとカナガンキャットフードに切り替えていきました。

 

フードやおやつはかなり好き嫌いがある子なので、初日と2日目はカナガンキャットフードを細かく砕いて食べなれたキャットフードに少しかける程度にして様子を見てみました。

 

これで食べてくれなかったらどうしようと少し不安でしたが、いつもと違う匂いに警戒したのかしばらくクンクンと匂いを嗅いでいたものの、特に問題なく食べてくれたので3日目にはカナガン2割にいつものフード8割で与えてみるとこちらもいつも通りに食べてくれました。

 

その後も徐々にカナガンキャットフードの量を増やしていって、7日目で完全に切り替わりました。

 

参考までにうちの猫ちゃんの切り替えのペースを記載すると

  • 1日目 いつものフードにカナガンキャットフードを細かく砕いて振りかける程度
  • 2日目 1日目と同じく振りかける程度
  • 3日目 カナガンキャットフード2割 いつものフード8割
  • 4日目 カナガンキャットフード3割 いつものフード7割
  • 5日目 カナガンキャットフード5割 いつものフード5割
  • 6日目 カナガンキャットフード7割 いつものフード3割
  • 7日目 切り替え完了

といった感じでした。
フードの好き嫌いが全くない猫ちゃんなら初日に食べてくれたり、1週間かからずにもっと短い期間で切り替えできると思いますよ^^

 

 

原材料と成分の特徴と安全性

カナガンキャットフードは動物の専門家である獣医師さんの88%が推奨するキャットフードです。

 

 

ペットのプロがそこまで支持する理由が原材料に対するこだわりと安全性なんですね。

 

 

見にくい方もいるかもしれませんので原材料と成分表を記載しておきます。

 

原材料一覧

乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、鶏脂4.2%、乾燥全卵4%、チキングレイビー2.3%、サーモンオイル1.2%、ミネラル類(硫酸亜鉛一水和物、硫酸第一鉄水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、アルファルファ、クランベリー、タウリン、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ

 

成分表
成分名 数値
粗タンパク質 37.00%
脂質 20.00%
粗繊維 1.50%
粗灰分 8.50%
水分 7.00%
オメガ6脂肪酸 2.99%
オメガ3脂肪酸 0.82%
リン 1.40%
マグネシウム 0.09%
ナトリウム 0.80%
カルシウム 1.58%
カリウム 0.70%

エネルギー(100gあたり)約390キロカロリー

 

使われている原材料は人間でも食べられる水準のものを使用している

カナガンキャットフードに使われている原材料は、人間用の食品工場で加工出荷されたお肉・お魚・野菜を使っていて、私たちが食べられる水準のもの(ヒューマングレード)で作られています。

 

※ミネラル類、ビタミン類はペットフード用に生産されたものを使用しています。

 

初めて私がこの情報を知ったときは「え!?人間が食べられる水準の物を使うのが当たり前なんじゃないの!?」と驚きましたが、ペットフードについて調べてみると衝撃の事実を知りました。

 

市販されている安価なペットフードには4Dミートという私たちが食べられないような廃棄されるお肉を使ってコストを下げて大量に作られている物があるんです。

4Dミートって何?
ペットフードに加工される前の原材料になる動物が

  • 死んでいる(Dead)
  • 死にかけている(Dying)
  • 何かしらの障害を持っている(Disabled)
  • 病気になっている(Diseased)

これら4つの頭文字のDをとって4Dミートと呼ばれています。

 

※原材料には4Dミートと記載されていません。ミートミールやポークミール、家禽ミール等の何の肉かはっきりわからないものは注意が必要です。

私自身この事実を知ったときは「そんなものを愛猫に与えていたのか。」とショックを受け、それ以降キャットフードはヒューマングレードの物を選んで購入するようになりました。

 

カナガンキャットフードの口コミや評判をみても、原材料の品質を気にされて切り替えた方が多いのがわかります。

 

グレインフリー(穀物不使用)にこだわったキャットフード

 

キャットフードを選ぶ時にグレインフリーという表記を見たことある方は多いと思いますが、なぜ穀物が使われていないグレインフリーのキャットフードが猫ちゃんの健康に良いのかを知っていますか?

猫は私たち人間のような肉でも野菜でも何でも食べる雑食ではなく、肉食の動物なので穀物を消化するのが実はとても苦手なんです(そもそも穀物を消化する酵素を持っていない)。

 

 

中でもトウモロコシ・大麦・小麦などの穀物は消化器官の異常だけでなく、皮膚のトラブル、猫ちゃんのアレルギーを引き起こしやすいと考えられています。

 

しかし実際にキャットフードを買いに行くと、コストを下げるという理由で原材料にこれらの穀物が使われている物がとても多くあるのが現実なんですよね。

 

グレインフリーのキャットフードを選ぶという事は愛猫をアレルギーの危険から守ってあげる事にもつながります。

 

カナガンキャットフードの主成分はチキン

 

先ほど説明したように猫は完全な肉食動物で、穀物類などの炭水化物からではなくお肉のタンパク質からエネルギーを得ています。

 

タンパク質は猫ちゃんの筋肉や皮膚、被毛などの成分になるので、良質なタンパク質をしっかりと与えてあげることが飼い主である私たちの役目ですね。

 

 

カナガンキャットフードに使われているチキンはイギリス産の高級平飼いチキンです。

 

平飼いというのは鶏を仕切ったケージにいれ、それを積み上げて飼う一般的な飼育方法ではなく、かごに入れず地面の上に放して飼育する方法です。

 

ケージに入れられている鶏とは違って自由に行動ができるので、くちばしで地面をつついたり、足で地面をかき回して餌を探したり、良い天気の日には日の当たる場所で日向ぼっこをしたり、砂遊びをしたりと、鶏本来の習性に合った生活が送れるのでストレスなく健康的に育ちます。

 

健康的に育ったチキン生肉をミンチ状にして、高たんぱくな乾燥チキンをブレンドしたものがカナガンキャットフードには使われているので、猫ちゃんに必要なタンパク質・リン・健康を維持するのに欠かせないセレンが豊富に含まれているんですね。

 

お肉から必要な栄養を摂取する猫ちゃんのことを考えて、メインの原材料である鶏肉には飼育方法からこだわり、新鮮で栄養価の高いものを使用しているようです。

 

 

カナガンキャットフードの対応猫種と対象年齢

カナガンキャットフードは全猫種対応のキャットフードで、対象年齢も子猫から歳を取ったシニア猫までと何歳の猫ちゃんにも与えることができます。

 

 

粒の大きさも、子猫や身体の小さな猫でも食べやすく、それでいてまる飲みしないような程よい大きさに作られているのでどんな猫ちゃんでもストレスなく食べることができるんですね。

 

 

いくら全年齢対応といっても子猫にあげるのは少し心配という方もいるかもしれませんが、むしろ子猫のうちからカナガンキャットフードを与える方が猫ちゃんの健康には良いんです。

 

というのもカナガンキャットフードと一般的に販売されている子猫専用のキャットフードを比べてみると、カナガンキャットフードはとても高たんぱくで子猫が必要な栄養を十分に含んでいて、カルシウムやリンも子猫にとって最適なバランスで配合されているんですね。

 

原材料にこだわっていて栄養価も高いフードなので、必要以上に多く与える必要がなく、給餌量を守って与えれば猫ちゃんの肥満防止にもなります。

 

子猫(生後3ヶ月くらいまで)や歯が弱くなってきたシニア猫には、ぬるま湯でふやかしてあげると良い。

 

フードが硬くて食べられない子猫や、ドライフードが食べられなくなってきたシニア猫ちゃんには、フードをふやかしてあげることで食べやすく消化もしやすくなります。

  1. 1食分のキャットフードを用意する
  2. お湯と水を2対1で割ってぬるま湯にしてかける。(ぬるま湯の量はキャットフードの量の半分程で良い。)
  3. 5分ほど待てばやわらかくなります。

底の深い容器よりも、平らな容器に入れてあげると全体的にムラなく柔らかくなってくれます。

 

フードにかけるお湯は必ずぬるま湯にしてください。
熱湯をかけてしまうとべちゃべちゃになってしまうだけでなく、多くのフードに含まれている成分のビタミンを破壊してしまいます。

 

この方法はカナガンキャットフードだけでなく、他のキャットフードでも使えるので覚えておくと便利ですよ^^

 

給餌量(与える量)の目安

キャットフードは好きなだけ食べさせたり、極端に少なすぎたりすると猫ちゃんの健康を損ない病気につながるリスクがあります。

 

与えるエサの量をコントロールできるのは猫ちゃんではなく毎日エサをあげる私たち飼い主なので、しっかりと適切な量を与えてあげましょう。

 

 

エサを与える量の目安になるのは成猫の場合は体重で、子猫の場合は年齢が基準になります。

 

成猫の場合

体重 1日の給餌量
2.5kg以下 25〜35g
2.5〜3.5kg 35〜45g
3.5〜4.5kg 45〜60g
4.5kg以上 60g〜

 

子猫の場合

年齢 1日の給餌量
生後2ヶ月以下 20〜30g
2ヶ月〜4ヶ月 30〜55g
4ヶ月〜6ヶ月 55〜75g
6ヶ月〜12ヶ月 75g〜

私たち人間と同じように猫ちゃんにも個体差があって、1日の運動量や代謝の良さはそれぞれ違います。

 

なのでこの給餌量を目安に調整して、愛猫にとって最適な量を探してみて下さい^^

 

ちなみに愛猫の肥満が気になるという方は、適正体重になるまで目安の給餌量から10%量を減らして与えましょう。

 

肥満改善時の注意点は短期間で体重を落とそうとして、いきなりエサの量を半分に減らしたりということは絶対にしてはいけません。

 

今までが適正量の2倍以上与えていたという事なら話は別ですが、そうでない場合急激にエサの量を減らすと栄養不足になって体調をくずしてしまいます。

 

 

健康になるために体重を落としているのに、それが原因で体調を悪くしてしまったら本末転倒ですよね?

 

なので適正の給餌量から10%だけ減らして、必要な栄養はとりながらゆっくりと体重を落としてくのが猫ちゃんの身体に負担がかからずベストなやり方です。

 

カナガンキャットフードはダイエットフードなのか?

カナガンキャットフードはダイエットを目的に作られたキャットフードではありません。

 

しかし栄養価が高く栄養バランスも専門家の分析をもとに、猫ちゃんが本当に求めているバランスで配合されているので大量に与える必要がなく、給餌量を守ることで猫ちゃんの理想的な身体を維持します。

先ほども記載しましたが、すでに太り気味の猫ちゃんの場合は目安の給餌量から10%量を減らして与え、適正体重をめざしましょう。

 

猫ちゃんが体重を落とす際に一番心配なのがエサの量を少なくしたことで栄養不足になることです。

 

なので急激にエサの量を減らすようなことはせずに、目安の給餌量から少し減らして、あせらずに時間をかけながら適正体重に戻していくようにしてください。

 

 

カナガンキャットフードはどこで買える?無料サンプルはあるのか?

キャットフードは実際に購入する前に少量でもいいからお試しできると嬉しいですよね?

 

 

カナガンキャットフードにお試しできるサンプル品があるのか調べてみたのですが現在は取り扱っていないようです。

 

以前は先着1000名限定で100円モニターを募集していたそうですが、現在は募集が終了してしまっていますね。

 

100円モニターに限らず期間限定で割引やサンプル品の提供は今後あるかもしれないので、見逃さないためにも公式サイトは定期的にチェックすると良いかもしれません^^

 

カナガンキャットフードの販売店

カナガンキャットフードの購入方法は、公式サイトでの購入とアマゾンでの購入があります。

 

公式サイトで注文する場合はネット注文以外にも、電話やファックスでの注文にも対応してくれていますので自分が一番慣れている方法で購入できまよ。

 

 

キャットフードは実店舗販売されている物を自分の手で取って購入したいという方も多いと思いますが、カナガンキャットフードは自社でしっかりとした品質管理をするためにペットショップやデパート等での市販はしていないようです。

 

キャットフードの賞味期限を注意してみるとわかりますが、一般的に販売されている安価なフードは不自然なほど賞味期限が長いものが多くあります。

 

これらのフードは大量の防腐剤でありえない程期限をのばしているので、猫ちゃんの健康にも影響を与えるリスクが高くなるんですね。

 

カナガンキャットフードはヒューマングレードの原材料を使用して(ミネラル類、ビタミン類はペットフード用に生産されたものを使用。)、香料や着色料のような猫ちゃんにとって必要ないものは使用せずに作られているので、購入者の手元に届くまでは自社での品質管理を徹底しているようです。

 

最安値で購入できるのはどこ?

キャットフードに限らず何か商品を購入するときに真っ先に考えるのは「最安値で販売しているのはどこ?」って事ですよね。

 

私も購入を決めたら、なるべく価格の安い所を探すようにしています。

 

 

何よりキャットフードは気に入った場合しばらく継続して購入するので、コストパフォーマンスを考えると少しでも価格の安い所で購入したいところですよね。

 

先ほど「カナガンキャットフードの販売店」の所でも記載しましたが、カナガンキャットフードは品質管理を徹底するために市販はされていないので公式サイトでの購入かアマゾンでの購入のみとなってます。

 

公式サイトの販売価格

公式サイトの販売価格は3,960円(税抜)で通常購入と定期コースがあり、どちらも購入金額によって割引が設定されています。

 

送料は全国一律で640円ですが税込み10,000円以上の購入時は送料無料です。

通常購入 定期コース
合計金額7,000円未満 割引なし 合計金額7,000円未満 10%引き
合計金額7,000円以上 5%引き 合計金額7,000円以上 15%引き
合計金額20,000円以上 10%引き 合計金額20,000円以上 20%引き

 

定期コースは最低でも10%引きされるので1つだけの購入でも3,564円(税抜)で買う事が出来ます。

 

ちなみに定期コースは契約した最初の月でも解約することができて、解約もとても簡単にできる(詳しい解約の手順もこの記事に記載してます。)ので初めて購入する方にも最安値で買う事ができる定期コースをおすすめします。

 

割引時の価格
通常購入 定期コース
割引なし 3,960円(税抜) 10%オフ 3,564円(税抜)
5%オフ 3,762円(税抜) 15%オフ 3,366円(税抜)
10%オフ 3,564円(税抜) 20%オフ 3,168円(税抜)

 

カナガンキャットフードと缶詰のカナガンチキン&サーモンを一緒に購入してもしっかりと両方割引が適応されます。

 

 

Amazonの販売価格

公式サイト以外にアマゾンでも販売元のレティシアンが出品している物を買う事が出来ます。

 

 

公式サイトでの購入とは違い割引がないので、価格は送料込みで4,968円です。

 

アマゾンで購入する際は1つ注意することがあります。

 

 

私が検索した時にも数件あったのですが、出品元がレティシアンではないものがあるので出品者の確認は必ずしてください。

 

これらの商品は個人が仕入れて転売している可能性が高く、購入してみたら転売品で賞味期限間近なものが送られてきたといったトラブルもあったそうで、販売元のレティシアンも出品者の確認をするように注意喚起しています。

 

購入したものが転売品の場合は第三者の個人経由になってしまっているので、包装が破れていた等のトラブルがあってもレティシアンでも対応できないそうです。

 

 

これらの転売品はアマゾンだけでなく楽天やメルカリでも検索するとみつかるので、カナガンキャットフードを購入する際は誰が出品しているかの確認は忘れずにするようにしてください。

 

最安値で購入できるのはどこなのか?

カナガンキャットフードの販売価格について調べてみましたが、割引がある公式サイトが一番安いという事でした。

 

公式サイトでは通常購入と定期コースがありますが、定期コースの方が割引率が高く安く買う事が出来て、契約した最初の月でも解約が可能なので通常購入で買うメリットはほぼないと思います。

 

解約手順もこの記事に記載しており、手順通りやれば簡単に解約できるので今まで定期コースで購入したことがないという方でも最安値で購入できる定期コースをおすすめします^^

 

 

定期コースの解約、商品の返品返金について

カナガンキャットフードは定期コースで購入すると合計金額に応じて割引を受けることができます(最低でも通常価格の10%引きで購入できます)。

  • 合計金額が7000円未満 10%引き
  • 合計金額が7000円以上 15%引き
  • 合計金額が20000円以上 20%引き

なので少しでも安く購入することを考えると公式サイトで定期購入をすることになるのですが、私も含め定期コースに抵抗がある方は多いと思います。

 

というのも登録は簡単なのに解約は手順が多く大変だったり、最低2か月以上は継続して購入してからでないと解約は受け付けてくれないなど、購入者に不利な条件がある商品もネット上にはたくさんあるからですね。
カナガンキャットフードは公式サイトを見る限りそのようなことはなさそうでしたが、販売事業者の株式会社レティシアンに問い合わせて確認してみました。

 

 

定期コースの解約についてお聞きしたいのですが、最低継続回数などの条件はあるのでしょうか?


 

 

解約する際に必要な条件といったものはなく、次回お届け日の7日前までに連絡頂ければいつでも解約可能です。


 

 

割引を受けるために定期コースで購入して、最初の月で解約したりしてもペナルティとかはないのでしょうか?


 

 

ペナルティなどといった事はなく、もちろん最初の月でも解約することも可能です。


 

 

解約方法についてもお聞きしたいのですが、解約時にカスタマーさんと何度もメールでやりとりが必要とか、手順が複雑で難しいといった事はないのでしょうか?


 

 

解約時は公式サイトのマイページからお申込みいただくだけで大丈夫です。
何度もやりとりが必要といった事はありません。


 

といった回答を頂けました。

 

定期コースは最初の月でも解約することができてペナルティといったものもないので、初めて購入を考えている方は通常購入よりも割引がある定期コースがおすすめです。

 

定期コースの解約の手順も実際に試してみましたが、わかりにくい箇所もなくとても簡単なので今まで定期コースを利用したことがない方でも安心ですよ^^

 

カスタマーさんの対応は丁寧でわかりやすく、商品の質問をしたからといって購入を進めてくるような営業もされなかったので、みなさんも気になる事があったら気軽に連絡してみるのも良いと思います。

 

実際の解約手順

カナガンキャットフードの公式サイトを開いてマイページにログインする

 

公式サイトはこちら↓
カナガンキャットフード公式サイトトップページ

 

 

少し下に下がると左下に「2回目以降のご注文(マイページログイン)」と記載されているのでクリックします。
もし見つからない場合は、公式サイト最上部の右上にも小さくて見つけにくいですがログインできる箇所があります。

 

 

ログイン情報を入力する

 

 

カナガンキャットフードを購入した時に登録した電話番号、メールアドレスを入力して右下の「ログイン」をクリックします。

 

解約する商品を選択する

 

 

ログインすると現在の利用状況が表示されるので、解約したい商品の右側に表示されている「詳細はこちら」をクリックします。

 

商品を解約する

 

 

商品の詳細が表示されるので「定期解約」をクリックします。

 

 

最後に解約理由を選択してから画面下にある「解約する」をクリックすると解約完了です。
特に難しい事やわかりにくい箇所はないので、この通りに進むだけで数分で定期コースの解約ができます。

 

カナガンキャットフードは返品・返金には対応しているの?

ネット通販で購入する商品は返品、返金に対応してくれるのかどうかも大事なポイントですよね?

 

 

カナガンキャットフードは商品到着時に商品の不良(賞味期限が切れている等)や破損(包装が破れている等)していた場合1週間以内に連絡すれば、返品交換もしくは返金で対応してくれます。

 

もちろん新しい商品と交換する場合は、販売元のレティシアンさんが送料を負担してくれますので余分にお金がかかることもありません。

返品交換・返金時の連絡先
株式会社レティシアン 0570-200-012 
営業時間は平日の11時〜18時までで土日と祝日はお休みです。

 

 

カナガン・ねこはぐ・シンプリーキャットフードを徹底比較

 

カナガンキャットフード以外のフードについても知りたいという方もいると思うので、ここでは口コミや評判が良い他のキャットフード(ねこはぐ・シンプリーキャットフード)を紹介しながら、わかりやすいようにカナガンキャットフードと比較していこうと思います。

 

カナガン

ねこはぐ

シンプリー

主原料はチキン 主原料はチキン 主原料は魚
グレインフリー グレインフリーではない グレインフリー
ヒューマングレード

※人間用の食品工場で加工出荷された肉、魚、野菜を使用。ミネラル類、ビタミン類はペットフード用に生産されたものを使用。

ヒューマングレード ヒューマングレード
香料・着色料不使用 香料・着色料不使用 香料・着色料不使用

原材料
乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、鶏脂4.2%、乾燥全卵4%、チキングレイビー2.3%、サーモンオイル1.2%、ミネラル類(硫酸亜鉛一水和物、硫酸第一鉄水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、アルファルファ、クランベリー、タウリン、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ

原材料
鶏肉、大麦、鰹節、ビール酵母、玄米、乾燥卵黄、煮干し、鶏レバー、米ぬか、チキンエキス、黒米、赤米、昆布、大根葉、こぼう、人参、わかめ、キャベツ、白菜、高菜、パセリ、青じそ、ミネラル類(卵殻カルシウム、塩化カリウム、グルコン酸亜鉛、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅)ビタミン類(ビタミンA、ビタミンB2、パントテン酸カルシウム、ビタミンB12、ビタミンD、ビタミンE、タウリン)

原材料
骨抜き生サーモン(31%)、サツマイモ、乾燥ニシン(12%)、乾燥サーモン(11%)、ジャガイモ、サーモンオイル(8.1%)、乾燥白身魚(6.5%)、生マス(4.65%)、サーモンスープ(2.3%)、ミネラル類(硫酸亜鉛一水和物、硫酸第一鉄水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、アルファルファ、クランベリー、タウリン、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ

成分
粗タンパク質 37.00%
脂質 20.00%
粗繊維 1.50%
粗灰分 8.50%
水分 7.00%
オメガ6脂肪酸 2.99%
オメガ3脂肪酸 0.82%
リン 1.40%
マグネシウム 0.09%
ナトリウム 0.80%
カルシウム 1.58%
カリウム 0.70%

成分
タンパク質 28.5%以上
脂質 16.0%以上
粗繊維 0.5%以下
灰分 6.5%以下
水分 8.0%以下

成分
粗タンパク質 37.00%
脂質 20.00%
粗繊維 1.50%
粗灰分 9.50%
水分 7.00%
オメガ6脂肪酸 1.33%
オメガ3脂肪酸 3.89%
カルシウム 1.89%
リン 1.32%
カリウム 0.60%
マグネシウム 0.13%
ナトリウム 0.80%

100gあたり約390kcal 100gあたり約383kcal 100gあたり約380kcal

内容量1.5kg
通常価格 3960円
定期コース 3564円(購入数によってさらに割引あり。)

内容量1.5kg
通常価格 6980円
初回価格 3980円
定期コース 5980円

内容量1.5kg
通常価格 3960円
定期コース 3564円(購入数によってさらに割引あり。)

グレインフリーって何?
グレインフリーとは原材料に穀物を使っていないということです。
猫は完全な肉食動物なので唾液の中にアミラーゼという消化酵素をもっておらず、穀物類の消化は苦手なんです。
さらにトウモロコシ、大麦、小麦などの穀物は皮膚や消化器官のトラブル、アレルギーを引き起こしやすいと言われています。

ヒューマングレードって何?
ヒューマングレードとは私たち人間が食べられる水準の原材料で作られているという事です。
安価なドッグフードでは販売コストを下げるために、4Dミートと言われる人間が食べることのできない廃棄されるお肉を原材料に使っている物が数多くあります。

 

ネットで人気のキャットフードを比較してみましたが、どのフードも香料、着色料が使われておらず、原材料は人間の食べられる水準のヒューマングレードの物を使っていました。

 

フードを選ぶ時に原材料の品質や安全性を気にされている飼い主さんが多い事がわかりますね^^

 

カナガン・ねこはぐ・シンプリーキャットフードの比較まとめ

値段が高くても良いから国産にこだわりたいという方にはねこはぐがおすすめです。
ねこはぐはヒューマングレードなのはもちろんのこと、使われている原材料は全てが国産です。

 

 

メインの原材料である若鶏(チキン)以外の鰹節、野菜、雑穀米も国産の食材を使っていてさらにフードの製造から包装までの全ての工程を国内の工場で行っているという徹底ぶりです。

 

 

 

 

グレインフリーで主原料がお肉のフードが好きな猫ちゃんにはカナガンキャットフードがおすすめです。
原材料はタンパク質から必要なエネルギーを摂取する肉食の猫ちゃんが大好きなチキンで、動物性原材料と野菜の栄養バランスは専門家の分析結果をもとに配合されています。

 

 

グレインフリーで猫ちゃんがアレルギーを起こしやすいトウモロコシ、大麦、小麦は使われていないのはもちろんのこと、香料や着色料不使用で安全性の高い高品質なフードです。

 

 

 

 

グレインフリーで主原料がお魚のフードが好きな猫ちゃんにはシンプリーキャットフードがおすすめです。
私たち人間も食べ物の好みが違うように、猫ちゃん達にもそれぞれ好みがあるのでお肉よりもお魚系のフードを良く食べる猫ちゃんにはシンプリーキャットフードがおすすめです。
サーモン、ニシン、マスが主原料として使われています。

 

 

もちろんこちらのフードもグレインフリーで安全性の高いキャットフードです。

 

 

なぜ動物のプロの獣医師さんがカナガンキャットフードを推薦するのか?

カナガンキャットフードはリピート率が高く、品質や安全性に満足している飼い主の方が多いキャットフードですが、飼い主さんたちだけではなく獣医師の方たちからも高い評価をうけ推奨されています。

 

 

動物のプロである獣医師さんが推奨しているフードということで飼い主としてはすごく安心感がありますが、なぜそこまでカナガンキャットフードがおすすめなのか気になりますよね?

 

 

猫ちゃんにとって食べやすい大きさ、固さになっている

フードを選ぶ時に意外と忘れがちなのが、猫ちゃんにとって食べやすいかどうかというポイントです。

 

どんなに栄養があるフードでも固すぎたり大きすぎたりしたら猫ちゃんも気持ちよく食べれません。

 

カナガンキャットフードは

  • 小さい猫ちゃんでも食べやすく、かつまる飲みしないような程よい粒の大きさ。
  • 固すぎずサクサクとしていて猫ちゃんが食感を楽しめる固さ。
  • チキンがたくさん使われていて猫ちゃんの嗜好性にも配慮している。

このように大きさ、固さ、嗜好性ともに猫ちゃんにとって良いフードといえます。

 

栄養面に配慮されたフードである

カナガンキャットフードの栄養面の特徴は大きく分けると3つあります。

 

特徴その1 良質なタンパク質
良質なタンパク質として、ストレスの少ない環境でのびのびと飼育された平飼いチキンを60%以上使用しています。

 

チキンは消化しやすく栄養価が高い食材で、完全肉食動物の猫ちゃんは本来魚よりも肉を食べる生き物です。

 

チキンにはタンパク質以外にも様々なビタミン類やリン、セレンが含まれており、タンパク質を構成するアミノ酸とビタミンの両方同時に摂取することで、アミノ酸の働きをビタミンが助けより効果を期待できます。

 

特徴その2 グレインフリー
キャットフードを選ぶ時にはグレインフリーのものがおすすめです。

 

その理由は雑食動物である犬と比べると猫は完全肉食動物で、穀物類(トウモロコシ・大麦・小麦など)を食べる際の体への負担が大きいからです。

 

グレインフリーで大麦やトウモロコシ等の穀物類が使われていないカナガンキャットフードは、猫ちゃんにとって健康的なフードと言えるでしょう。

 

特徴その3 タウリンもしっかり摂取できる
ほとんどの哺乳類が体内で合成できるタウリンですが、実は猫ちゃんはごく数量しか体内で合成できません。

 

そのため普段の食事で十分な量を摂取する必要があり、タウリンが豊富に含まれているカナガンキャットフードは猫ちゃんに最適のフードと言えるでしょう。

 

安全性の高いフードである

グレインフリーで原材料にも危険な成分が使われていないだけではなく、工場の品質管理体制がとても優れており、一袋ごとにしっかりと製造番号が記載されています。

 

これにより生産日やどういった原材料が使われているのかを知ることができるので、安心して与えることができます。

 

カナガンキャットフードまとめ

私がカナガンキャットフードを知ったきっかけは、フードについて調べた時に、安価なペットフードには4Dミートという人間が食べれない廃棄されるお肉が使われている物があると知った事でした。

 

 

知らなかったとはいえそんなものを愛猫に与えていたのかと衝撃を受け、それ以降はフードの成分や品質についてしっかりと調べるようになり、ヒューマングレードのものを与えるようにしています。

 

カナガンキャットフードは香料や着色料を使用せずグレインフリーでアレルギーにも配慮して作られていて、栄養価も高く猫ちゃんが必要とする栄養素がしっかりと入ったフードです。

 

猫ちゃんの健康の大部分を占める食事ですが、フードを選べるのは猫ちゃん自身ではなく飼い主である私たちなので、愛猫に健康的に長生きしてもらうためにも安全性が高くしっかりとしたものを選んで与えたいですね^^

 

TOPへ